心臓の周り

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙・アルコールを毎晩飲む事・脂肪過多などのライフスタイルの変化、ストレス等によって、殊に日本人に多く発生している疾患なのです。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が細くなって、血液の流れが途絶えて、大事な酸素や栄養を心筋まで配達できず、ほとんどの筋細胞が壊死するという大変怖い病気です。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失われた後に売られる、同一の成分で経済的な自己負担が小さくて済む(クスリ代が廉価な)後発医薬品のことを指します。
今時の病院のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備え付け、手術中に患者を撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ近くにレントゲン撮影のための専門室を設置しておくのが一般的である。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上では股部白癬と言われている、カビの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染し、棲みついた病気のことで即ち水虫です。
メタボであるとは言われていなくても、臓器に脂肪が多く溜まりやすい手合いの悪質な肥満症を抱える事によって、色々な生活習慣病に罹患しやすくなります。
体脂肪量はさして変化がなく、体重が食事・飲酒や排尿等により短時間で増減するケースでは、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上がるのです。
肥満というのはもちろんあくまで摂取する食物の内容や運動不足などが原因ですが、量の等しい食事であれ、あっというまに食べ終わる「早食い」をしていれば脂肪過多に陥っている肥満を招きます。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食事を1日3回とることやスポーツは当然のことながら、ヘルスアップやビューティーを目的とし、特に欲しい栄養を補うために様々なサプリメントを服用する事が珍しくなくなったようなのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると環状、所謂輪っかのような円い形をした紅色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総称であって、因子は全くもって多種多様だといえます。
音楽会の開催される場内や踊るための広場などに設置された特大スピーカーの真横で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?
骨折してたくさん出血した際に、急に低血圧になって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、吐き気、立っていなくても起こる意識消失などの色々な脳貧血の症状が誘引される場合があります。
人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3つに大別できますが、中耳の部分に黴菌やウィルスなどが付着し、炎症ができたり、液体が滞留する病気を中耳炎と言っています。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを支える作用で有名であり、血液中の濃度を操作して、筋繊維の動きを適切に調節したり、骨を作ります。
もしも婦人科の血液検査で予想通りエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも少なくて早期閉経と分かった場合、不足している分の女性ホルモンを補填してあげる治療等で良くなります。