ギプス

真正細菌のひとつである結核菌は、患者がゴホゴホと「せき」をすることによって室内に撒かれ、空中にフワフワ漂っているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことで次々に感染していくのです。
グラスファイバーで作製されたギプスは、非常に強くて軽い上に長く使うことができ、シャワーなどで濡れても使えるという特長があるため、現在用いられるギプスの中では第一選択肢となるまでに浸透しました。
下腹部の激しい痛みを引き起こす代表的な病気には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵巣の病気など、色々な病名が挙げられます。
塩分と脂肪分の摂り過ぎを控えて自分に合った運動に尽力するだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような生活を意識することが狭心症の素因である動脈硬化を予め防ぐコツなのです。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を保有する血液や精液の他、母乳や腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分に接触する事で、HIVに感染する危険性があります。
学校等団体生活をするにあたって、花粉症の症状の為にクラスの皆と同じようにしてめいっぱい運動できないのは、患者本人にとっても残念な事でしょう。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という名称で、カビの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻などに感染し、棲みついてしまう病気のことであり簡単に言うと水虫のことです。
V.D.は、Caが体に吸収されるのを促進するという機能が知られていて、血液の中のCa濃度を操作して、筋繊維の動き方を調整したり、骨を作り出してくれます。
吐血と喀血、どちらも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血は咽頭から肺を繋ぐ気道から出血する状態で、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血することを表します。
チェルノブイリ原発事故に関する被害者の後追い調査のデータによると、大人に比べると体の小さな子供のほうが飛来した放射能のダメージを一段と受けやすいことは明らかです。
もし婦人科の血液検査で事実上女性ホルモンの量が基準値を下回っており早発閉経(POF)と分かったら、不十分な女性ホルモンを補てんする医術で良くなることができます。
食事という行為は、食べ物をなんとなく口に入れたら何度か噛んで飲み下すだけに思われがちだが、それから体はまことによく働き続けて食物を身体に取り込むよう努力している。
脳内にある5-HT神経は、自律神経の調節や痛みを抑制し、あらゆる覚醒現象などを操っており、大うつ病(単極性気分障害)の患者さんでは機能が減少していることが広く知られるようになった。
PC画面の強い光を和らげる効果のあるレンズの付いた眼鏡がことさら人気を集めるのは、疲れ目の手当に多くの方々が四苦八苦しているからだと思っています。
前立腺という生殖器は成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が非常に大きく関わり、前立腺に発生してしまった癌も同じように、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの力で成長してしまうのです。