助長

耳鳴りは2種類に大別され、当事者しか感じないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人以外の人にも品質の高いマイクロホンを利用したりすると感じることができるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを助長する特質で広く知られており、血液中の濃度を操作して、筋繊維の動き方を適切に調節したり、骨を作り出します。
肝臓をいつまでもきれいにキープするためには、肝臓の解毒する作用が下がらないようにすること、別言すると、肝臓を老けさせない対策をおこなうことが有効です。
バイ菌やウィルスなどの病気を引き起こす病原微生物が口から肺へ進入し罹患し、肺自体が炎症反応を起こしている事態を「肺炎」と断定しています。
好気性桿菌の結核菌は、患者さんが「せき」をすることで室内に投げ出され、空気中でふわふわと流されているのを他人が呼吸しながら吸い込むことによってどんどん感染します。
ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを控える、1日3食のうち1食を飛ばす、こんな食生活を続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、深刻な冷え性を招いていることは、多くの医師が問題視されています。
平成17年以後トクホ(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような言葉の印字が義務となっている。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や肝硬変といった色んな病の原因となる可能性があるのです。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査のデータをみると、体の大きな成人よりも体の小さい子供のほうが拡散した放射能の有害な影響をより受けやすいことを痛感します。
日本における結核への対策は、1951年制定の「結核予防法」に沿う形で進められてきましたが、半世紀が経過した2007年からは多くの感染症と等しく「感染症新法」という法律に基づいて実行されることが決まりました。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失われた後に売られ、新薬に等しい成分で負荷を抑制できる(クスリの価格の高くない)後発医薬品のことを指します。
腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間で緩衝材みたいな働きをしている椎間板(ツイカンバン)という柔らかい円形の線維軟骨が飛び出た様子を表します。
ブラッシングで、本人がセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと思うことによって「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスの緩和や精神の癒しなどに繋がります。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、通常なら身体をがんから護る役目を担う物質を生み出すための鋳型のような遺伝子の不具合によって発症してしまうということが分かっています。
生殖器である前立腺は働きや成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)が密に関わっていて、前立腺に発生してしまったがんも同様、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの影響で肥大化してしまうのです。