肝臓をいつまでも元気に保持するためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が衰えないようにすること、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法を迅速に実行することが有効です。
食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、毒の極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けることができます。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代〜30代の男性に多く、大抵は股間の辺りだけに拡大し、激しく身体を動かしたり、風呂上りのように体が熱くなった時に猛烈な痒みを引き起こします。
脳卒中のクモ膜下出血はその80%以上が脳動脈りゅうという血管にできる不要なコブが破裂して出血する事が要因となって発病する脳の病気として知られています。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に欠かせない特別な酵素や、細胞や組織などの代謝に欠かせない酵素など、200種類以上もの酵素を構築する成分として非常に大切なミネラルなのです。
ライブの場内や踊るためのフロアなどに置かれている非常に大きなスピーカーの真横で大音量を聞いて耳が遠くなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の中の空間が細くなり、血流が途切れ、酸素や大事な栄養を心筋まで配達できず、筋繊維自体が機能しなくなる大変怖い病気です。
緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩こり、首筋のこりが誘因の最も一般的な頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような頭痛」「ズシッと重苦しいような鈍い痛さ」と言い表されることが多いようです。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて能動喫煙・アルコールを毎晩飲む事・体重過多などの生活習慣が乱れたこと、ストレス等によって、殊に日本人に多く発症している疾患の一つです。
ストレスが溜まっていく原理や、手軽なストレスを緩和する方法など、ストレスに関係している正しい知識を学んでいる人は、現時点ではまだ少ないようです。
若年層で結核(けっかく)に抗する免疫(抵抗力)の弱い人々の割合が高くなったことや、早合点のために診断が遅れることによる集団感染(アウトブレイク)や院内感染の発生頻度が高くなっています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間にあって緩衝材みたいな役目をしている椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出してしまった症例の事を指します。
薬、アルコール、合成保存料を始めとした食品への添加物などを酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒と称しており、肝臓が果たす代表的な職務の一つだと言えるでしょう。
歳を重ねることに縁る難聴においては段々聴力が低くなりますが、大半の人は60歳を超えてからでないと聴力の衰えをきちんとは認識できません。
3つのアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり突然変異を招く悪質な物質を身体の中で無毒化し、肝臓の力をより強化する特性が分かっているのです。