外傷

下腹の疼痛をよく起こす代表的な疾患には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の病気など、色々な病名が挙げられます。
汗疱(かんぽう)とは掌や足の裏、指の間などにプツプツとした小さな水疱がみられる皮膚病で、世間一般では汗疹(あせも)と呼び、足の裏に現れると足水虫と勘違いされることが結構あります。
流感、即ちインフルエンザに適応する効果的な予防法や処置など、このような必ず行う対策自体は、それが季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザであってもほぼ変わらないのです。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が要因で発病する湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす素因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れやV.B.複合体の慢性的な不足などが大きいと言われているのです。
アルコールを無毒化するという力があるナイアシンは、宿酔によく効く成分です。辛い二日酔いの誘因物質であるエタナール(アセトアルデヒド)という物質の分解に関わっているのです。
HIVを保有する精液や血液、母乳や腟分泌液といったいたる所の体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜などに接触すると、HIV感染の危険性が大きくなります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、いわゆる輪っかのような円い形をした赤い色の発疹や湿疹など、皮膚症状の総合的な名前ですが、その原因は実にいろいろです。
スギ花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく眠れない場合、それが元凶で慢性の睡眠不足になり、翌日目覚めてからのすべての活動に芳しくない影響を与えることもあるのです。
ポリフェノールで最も有名な長所はV.C.やトコフェロールなどとは違って、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化しにくくする作用を発揮するのです。
肝臓を元気な状態に保持し続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が下がらないようにする、分かりやすく言えば、肝臓を老けさせない対策を開始することが効果的だと思われます。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く酵素や、細胞もしくは組織などの代謝に必要な酵素など、200種類以上もある酵素の構成要素として絶対なくてはならないミネラルなのです。
脚気(かっけ)の症状としては、手先や足先が麻痺したり脚の著しいむくみなどが目立ち、病状が進行してしまうと、あろうことか呼吸困難に至る心不全も齎すことがあるのです。
気分障害のうつ病では脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、憂うつ感、不眠、倦怠感、疲労感、食欲低下、体重の減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の危険な症状が出現します。
ダイエット目的でカロリーを抑える、食べる量が少ない、というようなライフスタイルが結果的に栄養をも不足させ、酷い冷え性を誘引していることは、盛んに問題視されていることなのです。
学校など大規模な団体生活において、花粉症の症状が原因でクラスのみんなと同時に外で思いきり行動できないのは、患者本人にとっても残念な事でしょう。