環状紅斑

多くの人に水虫といえばまず足を連想し、ことさら足の裏や指の間に現れる病気だという認識が定着していますが、白癬菌がうつるのは足だけではなく、体中どこにでもうつるという危険性があります。

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると環状、要するにまるい形状をした紅い色の湿疹など皮ふ疾患の総称であって、その原因は全くもって多種多彩だといえるでしょう。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、主に両手両足がしびれたり脚の浮腫などが標準で、病状が進行してしまうと、重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを起こす可能性があります。
めまいは起こらないのに、長く続く耳鳴りと難聴の2つの症状を数回繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」というような事例が多いそうです。

ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間にある緩衝材的な役目をしている椎間板という名称のやわらかい円形の組織が突き出た症例の事を指します。