資格を獲得

実際全科目における平均合格率の値は10~12%ほどで推移し、色々あるほかの高難度の資格よりいくらか合格率が高くとられがちですが、これは各科目の合格率の割合であり、税理士試験自身の合格率ではございません。

資格を獲得して、将来いずれ「自分のみのチカラで新境地を開きたい」とした強固なモチベーションを抱いている人なら、実際行政書士の難易度が相当高くても、そんなような障壁なんかもきっと超えることができるハズ。

現場において「法律的に物事を捉えられる人間」であるorないのかを見定められているみたいな、めちゃくちゃ難易度高の国家試験にチェンジしてきたのが、ここ数年の行政書士試験の現況といったように見えます。

日本でもほぼトップクラスといえる難易度となっている司法書士試験に関しては、全11分野の法律の中からたっぷり試験問題が出題されるため、合格を狙うには長期的なスパンにおいての学習時間が要必須です。

司法書士資格試験の合格率はとても低くて、大体1.75%という結果が出ています。近ごろ日本には法律を専門に学ぶ法科大学院という教育の場ができ、その学科を修め終えれば新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が授与されます。